英語 書き取り

英語の書き取りについても考えてみる。

英語は話せるけれど、書けないっていう人いませんか?私はそれに近いです。文字を見れば読めるんですけど、言われたことを文字にするとスペルを間違えたり、書けなかったり。書き取りって一番難しいかもしれませんね。

 

でも将来、英語を仕事にしようとした時、書き取りって必要ですよね。メールでのやりとりや契約書の作成など、書かなくてもパソコンで入力することもあるでしょうし。書き取りの場合は、私はひたすら書いて覚えることなので書くしかないんですが、子供達に教える時はどうなんでしょうね。
4歳の息子はひらがなやカタカナはだいぶ書けるようになってきました。自分の名前もひらがなで書けます。けれど、英語で書いてごらんと言っても書けません。まずローマ字が分からないんです。A=あ、I=い・・という観念がありません。だから、教えるのは難しいです。英語の講師に相談してみましたが、書けるようになるのはやっぱり小学生になってからだそうです。

 

焦る必要はないですね。 でも、子供が英語の書き取りができるようになり、英語を話せるようになったらうれしい反面、英語ができない自分が恥ずかしくなっちゃうかも。リスニングパワーでも始めようかしら。